3K職場からの転職を成功させる面接対策

about me

疲労やストレスもたまりやすく、労働環境や給与などの問題から3Kと感じて転職する人も多くいます。そんな方達に、疲労やストレスを乗り切るための情報を提供して仕事探しのきっかけにしてもらうためのサイトです。 当サイトへのお問い合わせは次のメールアドレスまでお願いいたします。 お問い合わせメールアドレス:3k_nigetai@yahoo.co.jp

面接攻略ポイント

面接攻略ポイント

面接時のビジネスマナー

1次や2次面接では、人事や採用担当者が経験やスキルをチェックして合格の判断をしています。よって、最終面接でこのあたりのことは重視されない傾向にあります。最終面接では、応募者が自社に合う人間性を持った人材かどうか?という点について社長や役員が採用の最終判断をします。時間は30分~1時間程度ですので短時間で自社に合う人材と認めてもらうことが重要です。最終面接の面接官は、役員や社長の場合が多く、礼儀やマナーにうるさい年配の方も少なくありません。
ビジネスマンの基本であるマナーができていないと、社会人としての基礎ができていないとみなされてしまいます。事前に最低限のビジネスマナーは確認して失礼のない対応をしましょう。

入社意欲

最終面接は採用の最終判断をする場所なので、入社したいという応募者の意欲が重視されます。意欲が感じられないと、入社しても意欲的に仕事に取り組んでもらえないかもという不安を面接官に抱かせてしまいます。面接官に意欲があると感じてもらうために、1.面接官の話は、やや前傾姿勢で目を見て、しっかりと聞く、2.志望動機をすぐに答えられるようにしておく、3.事前に企業情報を確認しておき、それを踏まえた逆質問をする。この3点は、ポイントとして押さえておきましょう。

最終面接は2パターン

形式や面接官の人数は会社によって違いがありますが、面接の内容は通常質問型と雑談型の2パターンに分かれます。通常質問型は、面接官からの質問に回答をするという一般的なタイプの面接です。
通常質問型のポイントは、1.回答は明確にわかりやすく、2.突っ込みに備えた準備、3.回答に困ったときには少し時間をもらう、の3点です。最終面接官の役員や社長は多忙で、せっかちな人も多いので質問の回答は明確に、わかりやすくが鉄則です。
質問の内容は、自己紹介や志望動機など一般的なものが中心となります。ですが、一般的な質問でも突っ込みを入れてきたり、わざと揚げ足をとるようなことをして応募者の人間性を探ろうとすることもあるので注意しておきましょう。
雑談型は、面接の内容が一見雑談のようなもので転職の最終面接ではよくあります。面接官の人数が1人~2人で、話好きな場合に多く見られます。面接官は雑談をしているように見せかけて、応募者の素の顔や本音を探ろうとしています。雑談型のポイントは、1.話を聞く姿勢も評価対象になっている、2.面接官の話や質問に否定的な回答はなるべく控える、3.場が和んだとしても、礼節をわきまえて、面接に相応しい会話、言葉遣いをする、の3点です。雑談型では、自分が話す内容も重要ですが、面接官の話す場面も多いので、それを聞く様子から人間性を見られていることを忘れてはいけません。相手の顔を見て、やや前傾姿勢で頷きながら話を聞いていると、面接官も関心を持って聞いてくれていると感じるでしょう。